オンラインコンサル付き飲食店専用ホームページ作成&活用サービス powerd by 飲食店繁盛会

飲食店ホームページまるごとサポート クラウド Powered by 飲食店繁盛会

TEL 03-5302-9841 平日10:00~17:00
Pocket

【Report】飲食店の公式サイトとFacebook等のソーシャルメディアの関係

飲食店の公式サイト(お店のホームページ)とFacebook、Twitter等のソーシャルメディアの関係は、次の3つのパターンがあります。

 

飲食店の公式サイト(ホームページ)とソーシャルメディア(Facebook、Twitter)の関係 

 

ひとつめは公式サイトが中心となり、ソーシャルメディアは公式サイトへ人を呼び込むための告知媒体。流入特化型と割り切るパターン。例えば、ホームページに掲載した今月のフェアをFacebookで告知して、公式サイトにある今月のフェアの詳細ページへURLを貼り付けて誘導させる等です。

 

ふたつめは、ソーシャルメディア中心で、公式サイトは、ストックしておきたい情報のみ更新するパターン。また、公式サイトは全く更新しない、もしくは、公式サイトは持たずに、ブログやFacebookのみでネット上のプロモーションをしているお店もこのパターンです。

 

みっつめは、公式サイトとソーシャルメディアの役割分担。これは、公式サイトは、必要な情報をちゃんと更新し、ソーシャルメディアは、コミュニケーションの場と位置付けて、使い方を分けているパターンです。

 

この3つの使い分けが基本で、あとはこれらの組み合わせとなります。

 

理想は、公式サイトには、必要情報と日々追加される有効な情報をストックする。なぜなら、ソーシャルメディアは、情報が流れてしまうので、あとから探すのが難しいからです。だから、有効な情報は、ホームページにストックしてあとからお客様がアクセスできるようにする。例えば、こだわり情報とかマスコミ掲載情報などです。

 

また、ソーシャルメディアの特徴は、情報拡散とコミュニケーションです。従って、ソーシャルメディアは、公式サイトの情報を告知して人を呼び込むと同時に、コミュニケーションをしながら、中長期的に見込み客を集める。今すぐ客と見込み客を両方欲張って集める感じですね。

 

こんな感じに両者のメディア特性を理解した上で、公式サイトとソーシャルディアの連動の仕組みをお店ごとに確立すべきなんだと思います。

 

★ポイント

●飲食店の公式サイトとFacebook等のソーシャルメディアの関係は、基本的に3つのパターンがあり、あとはその組み合わせ。

●飲食店の公式サイトとソーシャルメディアのメディア特性を理解した上で、両者を連動させる仕組みをお店毎に確立すべき。

 

 

→飲食店繁盛会の初期費用10万円の飲食店ホームページ作成・活用サービス「飲食店 ホームページまるごとサポート クラウド」の詳細はこちら

 

 

 

 

→飲食店ホームページ研究室のFacebookページができました!下記から“いいね”できます。

→Twitterでは、@kasaoka_ITでつぶやきます。Twitterで情報を取得したい場合はぜひフォローしてください。

このページのトップへ